部屋の換気の時間はどれくらいが良い?夏は?冬は?風邪の時は?

スポンサードリンク

みなさん部屋の換気はこまめに行なっていますか?

春や秋は窓を開けると爽やかな風邪が入ってきて気持ちいいですよね。

しかし夏や冬はせっかくエアコンを効かしているのに換気をすると台無しになってしまう気がして気が進みませんね。

でも部屋の空気って実はとっても汚れているんです。

ホコリやカビや風邪の菌、さらにはシックハウス症候群の原因となる物質など色んな物が浮遊しているかもしれません。

そこでそういった物を換気をすることによってお部屋の空気をリフレッシュさせるのですがどれ位の時間換気すれば効果があるのでしょうか。

そんな換気の時間についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

部屋の換気の時間はどれくらいが良い?夏の場合は?

夏場はエアコンのクーラーを入れている場合以外は窓を開けていますよね。

外出している時は別として暑い部屋の中でクーラも入れずに窓を閉めっぱなしにしている方はいません。

という事はクーラーをかけて窓を閉めきっている場合は換気が必要となります。

夏なので風邪やインフルエンザの菌はありませんがカビやホコリ、シックハウス症候群の原因物質は部屋の空気中に溜まっているかもしれません。

それに夏場はもともと湿気が高いからそこまで気にはならないでしょうがエアコンの冷房でも空気は乾燥します。

快適な湿度を保つ為にも換気は行いましょう。

それではどれ位の時間換気は必要なのでしょうか?みなさん30分程度は換気をしないと部屋の空気は入れ替わらないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中には1時間は換気しないとなんて人も(笑)

よほど大きな部屋でない限りおおよそ、『 5分 』程度換気をすればOKなんです。

回数は1~2時間に一回程度は換気をして下さい。

理想的な換気方法ですが窓は対局の2ヶ所を開けましょう、空気が入ってくる窓と空気が出て行く窓があって空気は流れます。

もし窓が一つしか開けられない場合は換気の時間は『 15分 』程度行いましょう。

冬の部屋の換気の時間は?

冬場は日中が暖かければ少し窓を開けることもあるかもしれませんがほとんど窓を閉めっぱなしの場合が多い季節です。

しかもただでさえ乾燥がちな季節の上にエアコンでさらに乾燥された部屋にいると喉も乾燥して菌に感染しやすい状態になります。

そう考えると夏場よりもこまめに換気した方が良いと思いがちですが冬場は湿度も重要となります。

風邪やインフルエンザの菌自体は湿度が50%以下の状況で活性化してしまいます。

換気だけでは空気の乾燥は補えないので加湿も忘れずにしてください。

換気は2時間に一度5分程度行えばよいでしょう。

部屋の換気の時間はどれくらいが良い?風邪の時は?

最後に風邪を引いている時はどうでしょうか?

やはり換気はした方が良いでしょうが冬場など換気をしすぎてさらに風邪を悪化させてはいけません。

出来れば2時間に一度5分程度の換気を行いましょう。

まとめ

健康の為に換気は良いのですがそれ以外にもきれいな空気は脳の働きにも影響します。

お部屋で仕事や勉強をされている方は換気をして新鮮な酸素を脳に送ることで働きが活発になりますし、もし赤ちゃんがいらっしゃる場合も脳の記憶力に影響しますから意識して換気をしてあげて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です