奈良公園の紅葉の見頃は?見どころは?駐車場は混雑するの?

スポンサードリンク

奈良公園と聞くとイメージするものは何ですか?

鹿?大仏?それとも修学旅行でしょうか。

これ以外にも奈良公園で有名な物と言うと…

『 紅葉 』です!

奈良公園は奈良を代表する紅葉の名所で、

関西でも人気の紅葉スポットでもあります。

今回は奈良公園の紅葉の見頃と見どころ、駐車場についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

奈良公園の紅葉の見頃は?

奈良公園には沢山の国宝指定や世界遺産登録があり、外国人観光客も多く訪れる日本を代表する観光地の一つですよね。

関西にお住まいの方は殆どの方が修学旅行などで行ったことがあるのではないでしょうか。

東大寺や興福寺に春日大社、奈良国立博物館などなど敷地内には数々の社寺や文化施設が隣接する広大な公園です。

それから国の天然記念物にも指定されている園内の人気物、『 鹿 』もとっても有名ですね。

売店では鹿にあげる餌として鹿せんべいが販売されています。

そんな奈良公園の紅葉は若草山を背景に見事な景色が楽しめます。

色づく木々の下を鹿が歩き、世界遺産と紅葉のコラボレーションは芸術品のような美しさです。

紅葉の華やかな彩りに包まれる歴史公園をぜひ満喫しましょう。

奈良公園の紅葉の見ごろですが、

『 10月下旬 ~ 12月上旬 』

他のスポットに比べると長く楽しめるのが特徴です。

ナンキンハゼは10月下旬以降から、もみじは11月中旬以降から色付き始めます。

イチョウ、もみじ、ナンキンハゼ、などが少し期間がずれて色付くので紅葉を長く楽しむことが出来るのです。

その中でも『 11月中旬から紅葉のピーク 』を迎えて行きます。

ただし11月中旬は七五三の参拝客も多いため混雑するかもしれません、

ですので11月後半以降い行くのがおすすめです。

奈良公園の紅葉の見どころは?

奈良公園は広大な面積があり、広さは約502ヘクタール。

寺や博物館を含めると660ヘクタールもあり、なんと東京ドーム約141個分の広さがあります。

じっくり公園を見て回ると一日では足りないくらいです。

そこである程度ポイントをしぼって紅葉を楽しむのがおすすめです。

・春日大社

御本社の回廊内には大きなイチョウの木があり、11月下旬ごろには黄色に色付きます。

朱塗りの回廊をバックに黄色が絶妙にマッチして美しいです。

・東大寺東塔跡

イチョウの名所としてファンも多いそうです。

意外と人も少なく穴場スポットです。

・浮見堂

公園の南側にある名所。

岸から眺める鷺池に浮かぶ六角形のあずまやと、

水面に映る紅葉のコラボレーションはため息モノです。

・水谷茶屋

茅葺き屋根のなんともいい雰囲気のお茶屋さんです。

この周辺はもみじの名所で、赤や黄色のもみじの中に落ち葉が積もった茅葺き屋根。

なんとも風情がありますね。

色付いたもみじを観ながらここで甘い物でも頂くなんて最高の贅沢ですよ。

・ライトアップ

夜には紅葉用ではありませんが重要建造物をメインにライトアップされます。

昼とは違う夜の幻想的な風景も是非楽しんで下さいね。

ライトアップ時間:午後7時頃~午後10時

奈良公園の紅葉、駐車場は混雑するの?

奈良公園の近隣には駐車場はあります。

一番おすすめの県営駐車場、奈良公園まで歩いて3分。

・奈良登大路駐車場(1日/1000円)

・その他の近隣駐車場情報

やはりシーズン中は混雑して駐車出来ない可能性もあります。

朝早く来るか、奈良駅周辺の駐車場に停めてそこからバスで行くのがスムーズでしょう。

まとめ

奈良公園の紅葉は比較的長い期間楽しめますよ。

その中でも特に11月下旬以降がオススメです。

園内は広いのである程度事前に散策したいポイントを押さえよう。

車で行く場合は混む可能性もあるのでなるべく朝早めがオススメです。

園内は広いですからそう混雑することもないでしょう。

歴史公園を散策し奈良の魅力を是非楽しんで下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です