嵐山の紅葉、見頃はいつ?おすすめスポットは?

スポンサードリンク

京都といれば世界でも有名な観光都市です。

その中でも嵐山といえば京都を代表する観光地で定番中の定番ですね。

嵐山の美しいシーズンといえば、春は桜、秋は紅葉で沢山の観光客が訪れる事でも有名です。

関西でも屈指の名所で、日本さくら名所100選と日本紅葉の名所100選に選定されています。

今回は嵐山の紅葉について、見頃とおすすめスポット、駐車場についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

嵐山の紅葉、見頃はいつ?

嵐山とは元々、平安時代の貴族の別荘地として栄えた場所で嵐山にちなんだ和歌も沢山残されています。

四季折々の風景を楽しめる景勝地として今も変わらず人々に愛されています。

そんな嵐山ですが、紅葉のシーズンにはひときわ美しい風景が楽しめます。

嵐山の紅葉は、イロハモミジ、トウカエデ、ヤマトモミジなどの木々が早ければ11月初旬頃から色付き始めます。

特に見頃のピークを迎えるのは、

『 11月下旬 ~12月初旬 』となり11月最終の土日が一番人が多くなるでしょう。

ある程度年度によってバラつきはありますので年によっては12月中旬まで紅葉が残ることもあります。

お出かけ前には『 紅葉情報 』をチャックする事をおすすめします。

嵐山の紅葉、おすすめスポットは?

観光地として呼ばれている嵐山は渡月橋周辺一帯を指しますが、正確な地名は西京区や右京区嵯峨となります。

嵐山には京都の歴史に出てくる寺院や神社なども含めて見どころの紅葉スポットが沢山ありゆっくり回ると一日では足らないと思います。

ですので事前にオススメの場所をチェックしておきましょう。

渡月橋

まずは嵐山といればココ!
川沿いから見る嵐山を背に渡月橋と紅葉が調和した景色はまさに圧巻です。

天龍寺

曹源池庭園で有名な京都屈指の庭園、池に嵐山の紅葉が映り込む美しい景色を堪能してみて下さい。
庭園内の龍門亭では精進料理も楽しめます。
拝観料:庭園500円、諸堂追加100円※9/1から300円、法堂500円

亀山公園

情緒豊かな紅葉の美しい公園。
展望台からはトロッコ列車や保津川下りの船も見下ろすことができ眺めは抜群です。

常寂光寺

百人一首で有名な小倉山の中腹にあり、山門から多宝塔まで続く紅葉のトンネルは見ものです。
嵯峨野方面に広がるふもとの景色が眺めます。
拝観料:400円

二尊院

馬が駆けることが出来るほど広いことから『 紅葉の馬場 』と呼ばれる参道は、
京都を代表する紅葉スポットの一つ、本堂へと続くモミジの並木道が素晴らしい!
拝観料:500円

清涼寺

小ぶりのカエデですが真っ赤な美しい発色が特徴です。
建物と一緒に眺めると風情があって美しい。
拝観料:境内無料、本堂拝観400円、霊宝館400円、セットなら700円

嵯峨野トロッコ列車

嵯峨~亀岡間を結ぶ約7.3kmを25分かけて走ります。
保津川沿いの沿線の木々が様々に色付き乗客を楽しませてくれます。
最終列車の車窓からの眺めは最高です!
シーズン中はライトアップも行われます。
乗車料:大人片道620円、子供310円

保津川下り

亀岡から全長16kmの渓流を下る優雅な舟遊び。
秋の船旅は風情があって最高です。
ライオンやカエルの形をした奇石など見どころ満載であっという間の2時間です。
乗船料:大人4100円、子供2700円

まとめ

是非、平安貴族も愛した景勝地を楽しんで見て下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です