八幡平の紅葉の見ごろ時期はいつ?紅葉まつりとは?帰りに寄る温泉3選!

スポンサードリンク

岩手県八幡平市にある八幡平。

岩手県内ではナンバーワンの人気を誇る紅葉スポットとしても有名です。

今回はそんな八幡平の紅葉の見ごろ時期や、混雑状況、

紅葉まつりやアクセス、駐車場についてまとめてみました。

それから帰り道で寄ってみたい温泉もピックアップしましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

八幡平の紅葉の見ごろ時期はいつ?

基本的に八幡平の紅葉の見頃の時期は、「9月の下旬から10月の中旬」と言われています。

八幡平ですので、見逃すことがないようにネットでしっかりチェックしておきましょう。

八幡平の紅葉を見に行く時期を検討する上で非常に役に立つシステムは、ライブカメラです。

インターネットを通して確認することができます。

ライブですので、現時点での八幡平の紅葉が見頃かどうかを確認することができます。

気をつけたいのは夜にライブカメラを見る時です。

当然夜に紅葉を確認しても真っ暗ですから何がなんだかよくわかんないです。

日中に見ましょう。

9月下旬から紅葉の色がつき始めます。

10月中旬までと言われていますが、寒さによって雪が降り始めることもありますので10月の上旬に早めに紅葉を見に行くのも賢明な選択肢の一つです。

八幡平の紅葉の見どころは?

紅葉ファンにとって見逃すことのできない絶景の景色は全国でも数多くあります。

しかし、その中でもとりわけドライブ楽しみ、なおかつ紅葉を楽しめるルートとして知られているのが、八幡平の紅葉です。

距離を聞いて驚く人も多いと思いますが、なんと全長27kmにわたって紅葉を楽しめることができるのです。

ドライブと紅葉が大好きな人にとっては、最高のルートです。その道路は通称、「八幡平アスピーテライン」と呼ばれています。

実際に走ってみるとわかると思いますが、道のりは山というよりは高原といった感じでなだらかです。

27kmと言う長い道のりならではの楽しみ方が存在します。

通常の公園であれば、一箇所から紅葉を眺めて同じ紅葉を見ることによって季節を感じることができます。

しかしながら、八幡平アスピーテラインにおいては一味違います。

カーブが曲がるたびに、紅葉の美しい絶景を楽しむことができるのです。

それに道のりは長いですから夕焼けのような赤い紅葉を見ることができれば、時には黄色がかった紅葉など様々な色を楽しむことができます。

一言に紅葉と私たちは言いますけれども、そのルートではカエデなどが色づいている姿を目にすることができ圧巻です。

別の楽しみ方としてはサイクリングをすることもできます。

特に秋の紅葉の季節だと爽やかな風を浴びながら、直接自然を感じてサイクリングすることができますから、非常にオススメです。

実際に山の斜面に広がっている緑や紅葉の多くを目にすると、「本当に来てよかったな」という気持ちにさせられます。

さらに、滝もあります。

滝と紅葉を別々に見に行く人もいますが、おすすめは紅葉の時期に滝を見に行くことです。

滝と紅葉の美しい色合いが生み出すコントラストは言葉になりません。

ぜひ一度見に行きたい絶景の一つです。

八幡平の紅葉まつりについて

そして八幡平の紅葉を見に行く時に忘れてはならないイベントがあります。

それは紅葉まつりです。

場所は岩手県県民の森フォレストアイ駐車場です。

忙しい人でも参加しやすい日程が組まれています。

2日間開催されます。

2017年は10月14日~15日となります。

楽しめるのは紅葉だけではありません。

美味しい食事もふるまわれます。

八幡平市で作られた農産物や特産品などの料理を食べることができます。

秋は紅葉の秋であると同時に、食欲の秋でもありますから非常に嬉しいイベントです。

また八幡平の紅葉を楽しむことができる「八幡平紅葉ウォーキング」も行われます。

定員人数が決まっているため、あらかじめ申込書に記入して参加する必要があります。

滝を観覧することのできるコースもありますし、松川渓谷玄武岩と紅葉を楽しむことのできるコースもあります。

どのコースでウォーキングしたとしても、絶景を楽しめること間違いなしです。

参加料がかかりますが、その参加料の中にはイベント会場内で使える500円分の食事補助券が含まれているそうですので、高額な印象はあまり受けません。

さらに、木工体験をすることもできます。

例えば日常でよく使う、イス、巣箱、他にもエサ台など、使ったり見たりしたことはあるものの、実際作ったことはありません。

しかし、紅葉まつりでは木工製品を作る経験をすることができます。

松ぼっくり工作もあります。

秋によく見かける、小枝や松ぼっくりを活かして自由に創作をすることができます。

お子さんと一緒に行きたいイベントの一つと言えるのではないでしょうか?

他にも運動会のように、家族やイベントに来られた方との交友を深める機会として、木の実運び競争や丸太切り競争なども開催されます。

普段学校の勉強で忙しい学生さんたちなどは、おそらく丸太を切ったことがないに違いありません。

しかし、八幡平の紅葉まつりに行くことによって普段できない体験をすることができます。

そして紅葉まつりの締めくくりに、ホテルの宿泊券やスキーリフト券などが当たる大抽選会が開催されます。

盛り上がること間違いなしです。

どんな年代の人が参加しても楽しむことができるイベントが計画されている八幡平の紅葉まつりに、是非一度足を運びたいものです。

八幡平の紅葉時期の混雑状況は?

岩手県にある八幡平は、秋になると一面に染まった見事な紅葉を見ることが出来るため、多くの人から人気になっている、観光スポットです。

ドライブやサイクリングをしながらの紅葉観賞はとても最高ですが、やはり人気スポットのため、混雑が起きることもあります。

観光に行きたいけれど、混雑が心配という方も中にはいますよね。

そこで今回は、八幡平の紅葉時期の毎年の混雑状況について、説明していきたいと思います。

八幡平の紅葉の時期の混雑ですが、紅葉を楽しめる人気の観光スポットということもあってか、混雑は起きやすいです。

紅葉の見頃のピークを迎える9月下旬から10月上旬にかけては観光客が増える時期であり、特に土日祝日や、観光に適した時間である11:00から15:00までの間は、最も混雑する時間帯になっています。

さらに混雑する場所ですが、イベント場所や会場や中腹あたりにある大沼周辺は、人も多く集まるため、混雑が起こりやすいでしょう。

六義園へのアクセスと駐車場について

八幡平へ紅葉を見に行きたいと思ったとき、どのようなアクセスで行けばいいのか、分からないと思う方もいると思います。

それぞれの状況により、使う交通機関も違ってくるのでなおさらですよね。

そこでここでは、八幡平へ紅葉を見に行く時のアクセス方法の車、電車、バスと駐車場についての紹介をしていきたいと思います。

まず、八幡平への車でのアクセス方法ですが、東北自動車道を使います。

仙台からのアクセスだと、仙台宮城-盛岡間で約1時間55分、東京からのアクセスだと、東京-盛岡間で約6時間30分となっています。

次に電車でのアクセスですが、八幡平へ電車で行くには、東北新幹線を使います。

仙台-盛岡間で最速で約43分、東京-盛岡間で最速で約2時間21分です。

盛岡駅まで着いたら、そこからまたJRに乗って移動します。

JR花輪線に乗り、盛岡-大更間で約40分、盛岡-安比高原間で約70分、盛岡-荒谷新町間で約90分です。

次にバスでのアクセス方法ですが、盛岡駅-各スキー場、盛岡駅-大更、盛岡駅-テレトラック安代間でそれぞれ約50分です。

これらが、バスで移動する際に最も早く着ける便です。

八幡平には、八幡平展望台駐車場があります。

乗用車なら一回500円で駐車が可能です。

少し下ったところにも無料駐車場があるので、そちらもオススメします。

八幡平へ紅葉を見に行った帰りに寄りたい温泉3選!

八幡平は秋の紅葉も見事で素晴らしいですが、温泉としても人々から多く人気を集めているスポットです。

一面に色づいた紅葉を楽しんだ後に、冷えてしまった身体を温泉で温めるという観光コースも、皆さんにオススメします。

そこで今回は、八幡平で紅葉を見た帰りに寄ってみたい周辺の温泉の三ヶ所について、紹介していきたいと思います。

まずオススメする温泉は、松川温泉です。

松川温泉は、八幡平を一望できる高台の上にある温泉です。

露天風呂もあるため、温泉に浸かりながら紅葉を楽しめる、まさに贅沢スポットです。

松川温泉自体も紅葉で有名なので、まだまだ紅葉を楽しめたいという方も、訪れたら必ず紅葉を楽しめることが出来ますね。

松川温泉『峡雲荘』

次にオススメする温泉は、元湯七滝温泉です。

この元湯七滝温泉は、道路沿いにあるためかなり訪れやすく、観光客の方などに、積極的に立ち入り入浴を受け入れてくれる温泉となっています。

紅葉を観光した後、疲れた身体を癒すのにもってこいの温泉スポットですね。

ここにも、もちろん露天風呂があるので、周りの風景を一望しながら温泉に浸かることが出来ます。

また、かなり開放的な作りになっているので、爽やかな秋風が入ってきて、火照った身体にちょうどいいです。

元湯 七滝

次にオススメする温泉は、蒸の湯温泉です。

「ふけのゆ」と読みます。

こちらの蒸の湯温泉は、八幡平アスピーテライン沿いにある、標高1,100mの雄大な自然に囲まれた温泉地です。

秋田県にある温泉になっています。

八幡平アスピーテラインというと、自動車を運転しながら紅葉を楽しめるとして人気の道ですね。

自動車道近くにある温泉なので、観光客の方も立ち寄りやすい温泉となっています。

八幡平最古の湯として知られる蒸の湯温泉は、温泉がほぼ掛け流しであるため、質の良い湯に浸かることが出来ます。

皆さんもぜひ、紅葉を楽しんだ後はこれらの温泉に立ち寄ってみてください。

ふけの湯

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

ドライブやサイクリングをしながら楽しめる紅葉スポット。

秋を感じながらのドライブは風情があっていいですよ。

この紅葉シーズンに是非一度は足を運んで見て下さい。

おすすめです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です