南禅寺の紅葉、見ごろの時期はいつから?ライトアップは?混雑状況は?

スポンサードリンク

京都市左京区南禅寺福地町にある南禅寺。

観光スポットとしても人気の寺院です。

紅葉シーズンになると敷地面積4万5,000坪もの広大な境内に、

約300本ものカエデが真っ赤に染まる様子はまさに圧巻です。

今回はそんな南禅寺の紅葉の見ごろ時期や、ライトアップ、

混雑状況、についてまとめてみましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

南禅寺の紅葉、見ごろの時期はいつから?

南禅寺は洛東にある臨済宗南禅寺派の大本山です。

正応4年(西暦1291年)に創建されました。

広大な敷地の中には史跡名勝に指定された方丈庭園や重要文化財の三門、勅使門、国宝の方丈などがあります。

湯豆腐で有名な南禅寺ですが、紅葉の美しさも知られています。

南禅寺の紅葉の見ごろは、例年『 11月中旬から下旬 』です。

気候によって見ごろ時期は変わりますので、訪れる際はその年の紅葉情報を確認してからお出かけになってください。

南禅寺の拝観時間は8時40分から17時(12月~2月は16時30分)で、拝観受付は16時40分までになります。

三門付近など境内の散策は自由にできます。

三門、南禅院、方丈庭園内の見学には拝観料が入る都度必要です。

南禅寺の紅葉の見どころは?

広大な境内の南禅寺ですが、どこに行っても紅葉を楽しむことができます。

南禅寺の門をくぐってすぐ、三門、法堂、方丈へ一直線に向かう参道は両脇に紅葉が植えられて紅のアーケードとなっています。

拝観料がかかりますが、三門にはぜひ登ってみましょう。

三門の上から360度見渡す境内の紅葉は、木々の緑と紅のコントラストが鮮やかです。

京都市内も一望でき、歌舞伎演目で石川五右衛門が『絶景かな』と見得を切った景色を満喫できます。

三門からの景色を楽しんだ後は、そのまま先へ。法堂横ではカエデだけでなくイチョウの黄葉も見ることができます。

法堂から右に行けば、南禅院があります。

途中、水路閣(明治時代に造られた水路橋)の赤レンガと紅葉のコラボレーションを楽しみながら進みましょう。

南禅院(拝観料必要)には池泉回遊式庭園があり、水面に映った紅葉は必見です。

南禅院から再び境内に戻ります。

方丈庭園(拝観料必要)は枯山水の庭のため、紅葉は少ないですが、史跡名勝に指定されるだけあって庭を見るだけでも価値があります。

また、少ないながらも、方丈から眺める白と紅のコントラストは美しいです。

三門付近まで戻り、右に向かうと天授庵です。

天授庵は南禅寺の塔頭寺院のひとつで枯山水庭園と池泉回遊式庭園があり、そのどちらもで紅葉を楽しむことができます(拝観料必要)。

南禅寺の紅葉のライトアップ情報!

南禅寺では紅葉の時期のライトアップは行なっていません。

ただし、南禅寺の塔頭寺院(大寺の敷地内に建てられた塔や庵などの小院)のひとつ、天授庵でライトアップを行ないます。

天授庵のライトアップは夜間特別拝観として11月15日~11月30日、17時30分~21時までの予定です(受付は20時45分まで)。

昼夜入替制のため、通常拝観終了時の16時30分に一度外に出なければいけません。

拝観料は通常拝観が大人400円・高校生300円・小中学生200円、夜間特別拝観は大人500円・高校生400円・小中学生300円になります。

天授庵の紅葉は、白と紅と緑の競演が見事な枯山水庭園の東庭と、池に映った紅葉が美しい書院南庭の二つを楽しめます。

ライトアップされると、また雰囲気が変わり、幻想的な光景になります。夜間特別拝観は拝観ルートが変わりますので、昼間には入れない本堂からの紅葉を見ることができます。

南禅寺から北にある紅葉の名所・永観堂でもライトアップが行われていますので、天授庵の後、永観堂に寄ってみるのもお勧めです。

南禅寺の紅葉時期の混雑状況は?平日は?

南禅寺の紅葉時期の混雑状況ですが、やはり観光地の京都、それも紅葉の時期ですからとても混雑します。

ゆっくり回りたい方は平日に行くか、週末の場合は早朝や夕方に行きましょう。

拝観は8時40分からですが、境内は自由に入ることができます。

ただし、天授庵は9時の開門までは入れません。

こちらは開門直後に行くのが良いでしょう。

天授庵のライトアップは平日でも混雑しています。

夜間特別拝観の開門すぐ(17時30分)が一番混雑し、週末ですと入場制限で30分~1時間待ちのことも。

落ち着いて見たいなら、閉門近くの20時過ぎに行くのがお勧めです。

また、紅葉シーズンは食事処もとても混雑しています。

南禅寺へ行くなら湯豆腐が人気ですが、あらかじめ予約をしておきましょう。

南禅寺には有料駐車場(2時間以内1000円・50台)もありますが、紅葉シーズンは混雑で停めることが難しいです。

道路の渋滞もありますし、公共交通機関の利用をお勧めします。

地下鉄東西線蹴上駅から徒歩10分です。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

観光スポットとしても人気の南禅寺。

そんな南禅寺の紅葉と共に秋を感じるのは風情があっていいですよ。

この紅葉シーズンに是非一度は足を運んで見て下さい。

おすすめです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です