ホワイトデーのお返しで何を選ぶかで意味が違う?一覧にしてみました

スポンサードリンク

2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらったのはいいけれども、男性にとってホワイトデーのお返しというものは非常に悩むものです。

適当によさそうなものを見つけて渡せばいやという安易な考えを持っている人もいるかもしれませんが、ホワイトデーのお返しは選ぶものによって意味があるのをご存じでしょうか。

このようなことに女性は敏感な人も多いので、それぞれが持つ意味を知り、お返しを選ぶようにしましょう。

今回はそんなホワイドデーにお返しするプレゼントのそれぞれの意味についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

ホワイドデーのお返しでプレゼントに何を選ぶかで意味が違ってくる?

ホワイトデーのお返しのお菓子の定番といえば、マシュマロ、クッキー、キャンディーなどがあげられ、最近ではマカロンなどもおしゃれで人気を上げています。

・マシュマロ

まずはマシュマロの意味についてご紹介いたします。

マシュマロは口の中に入れるとすぐに溶けてしまうことから、長続きせずにあなたが嫌いという意味を持っています。

お返しにマシュマロを希望されている場合以外は、避けた方がよいお返しと言えます。

しかし全く反対の意味をもつ純粋な愛という意味も持っています。

純粋な愛という意味は普通のマシュマロではなく、チョコ入りマシュマロが該当します。

これは女性が贈ったチョコを、男性の純白な愛で包み込むという意味を持っているようです。

本命の相手にマシュマロを贈る場合にはチョコ入りマシュマロを選ぶと良いでしょう。

・クッキー

次にこちらも定番となっているクッキーです。

クッキーのホワイトデーのお返しとしては人気のお菓子ですが、クッキーは甘くもなく様々な種類があることから、友達という意味合いを持っているようです。

そのため本命の相手に贈ることはできませんが、義理チョコをもらった場合には、最適のお返しといえるでしょう。

・キャンディー

それではキャンディーはどうでしょうか。

キャンディーはほぼ砂糖でつくられている甘みの強いお菓子を、口の中で長く味わうお菓子です。

そのため交際が長く続くという意味を持ち、あなたが好きですという意味を持っているようです。

本命の相手にお返しするには、ちょうどいいお菓子と言えます。

これらは定番のお菓子となっていますが、そのほかにもたくさんの種類のお菓子が存在しますが、それぞれ意味を持っているのでしょうか。

・ケーキ

まずはケーキについてですが、ケーキには特に意味はないと言われています。

しかしケーキは女性からも人気のスイーツであるため、もらったらうれしいお返しであるといえます。

・グミ

ホワイトデーのお返しとして、グミはあまり聞かれないものですが、グミにはあなたが嫌いという意味を持っているといわれています。

・マドレーヌ

そしてマドレーヌについては、あなたともっと仲良くなりたいという意味を持ち合わせています。

この意味は恋愛面だけでなく、職場や取引き先などとの縁を深めるという意味にも使えます。

マドレーヌは貝の形をしていますが、貝の形は縁起が良いとされていて、二枚を合わせることで円満な関係や縁結びを意味しているということです。

・キャラメル

次にキャラメルです。近年では生キャラメルの人気も強く、高級品となると一つの200円ほどするものも販売されています。

キャラメルに特に意味はないようですが、キャラメルはキャンディーの部類に入るので、やはりあなたが好きですという意味でよいのではないでしょうか。

・ラスク

そしてサクサクとした食感がおいしいラスクですが、こちらも特に意味はないと言われています。

しかし意味がないということは、反対に考えると、誰に贈るのにも適しているといえるでしょう。

・ハンカチ

ホワイトデーにはお菓子ではなく、ハンカチを贈るという人もいるでしょう。

お菓子以外の贈り物としては、値段もちょうど良く、選びやすいものの一つと言えるでしょう。

しかしハンカチはホワイトデーのお返しの意味に限らず、別れを意味するといわれています。

そのため本命の相手には特に、渡すのは避けた方がよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

物によって様々な意味がありましたね。

ただあまり意味にとらわれすぎずに相手に喜んで貰える物を選ぶことが大切だと言うことを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です