有酸素運動を毎日するのが効果的?時間は?一日おきでは効果ないの?

みなさんダイエットや健康の為に有酸素運動をやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

代表的な有酸素運動といえばウォーキングやジョギング、それに自転車などですね。

これって毎日続けないと効果が出ないと思っていませんか?

ではどれ位の頻度や時間で効果が出るのでしょうか、

まとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

有酸素運動は毎日するのが効果的なのか?

有酸素運動は、毎日しないと効果がないと思われがちですがそんなことはありません。

もちろん毎日する方がより体脂肪を燃焼させて効果が出るのは間違いありまんが、

毎日しすぎると逆に体がオーバーワークをおこして体にはよくないのです。

何でもそうですが、やりすぎはよくありません。

ちょうどよい頻度があるのです。

オーバーワークの症状とは、食欲がなくなる、夜中に何度が目がさめ、眠りが浅い、体が毎日だるい、ごはんはきちんと食べているのに、どんどん体重が減少していっている、などの症状が現れえいる時は体が悲鳴を上げている状態です。

ここまでなるのは少し大げさかもしれませんが、少なくとも筋肉や関節の疲労をとる為にも休養日も必要です。

運動初心者の方はとくに2~3日運動したら1日休みを入れるのがオススメです。

毎日運動をしないとせっかく落ちた体重が戻るのを心配して、無理な運動をする人がいますが、食事の量をきちんと守っていれば運動を減らしても極端に体重が増えていくことはありません。

毎日有酸素運動を無理して頑張りすぎてストレスがたまるとコルチゾールがたまるので体がオーバーワークを起こさないように休息もいれながら運動をするようにしましょう。

運動がきらいなあなたにはこういった商品もあるみたいですよ。

着るだけで体幹トレーニングをしているのと同じ効果があるそうで脂肪が燃焼するとの事!

知人も使ってますが意外と効果があってビックリしました。

⇒ 自宅で簡単「着るだけ」体幹ケア【エクスレンダー】公式サイトはこちら

有酸素運動を毎日どれ位の時間するのが良いのか?

有酸素運動は健康やダイエットによいと言われていますが、やりすぎるとよくありません。有酸素運動の効果的な時間や頻度があります。

有酸素運動は行えば行うほど効果が期待できる運動ですが、長時間の有酸素運動は、脂肪を減らさずに筋肉をへらしてしまうので、やりすぎると筋肉が減り、基礎代謝がさがることになるので体によくありません。

有酸素運動は20分以上しないと効果がないと言われていますが、必ずそうではありません。

1日短い時間の5分から10分を1日何回かに分けてやっても効果があります。

健康やダイエットのために有酸素運動をするなら、1日30分ぐらい程度すると効果があります。

脂肪を短期間で減らしたいのであれば、筋トレ後の有酸素運動がよいでしょう。

有酸素運動は、適切に行えば、新陳代謝がよくなり美肌にも効果があります。

あまり無理して有酸素運動をして、筋肉を落としてしまうと体の中の活性酸素が増え活性酸素が増えすぎてしまうと、お肌の状態も悪くなり、老化のすすみも早くなることがありますので、有酸素運動は、無理なく行うようにしましょう。

スポンサードリンク

有酸素運動は毎日するのと一日おきでは効果が違うのか?

有酸素運動を毎日行った時と、一日おきに行った時の効果のちがいですが、毎日有酸素運動をする方が脂肪の燃焼が高くなるので、ダイエットの効果は一日置きより高くなります。

持久力を高める効果も毎日行うほうがたかくなり、毎日続けることで、達成感があり、何かを続けるという強さが身につきます。

ただし毎日続けることのデメリットもあり、毎日続けるのは辛く、時にはストレスにもなります。

ジョギングなどのきつい有酸素運動は疲労がたまりやすく、体が重くなりがちです。

一日置きのジョギングなどの有酸素運動は、一日間隔をあけることで、体にたまった疲労の回復ができ、毎日かかさずやらなくてもよいので、精神的にも楽です。

毎日有酸素運動をするのと一日置きに有酸素運動をするのでは、極端な大差はないので、初心者の人は一日置き、よく運動をしている上級者の人は毎日、有酸素運動を取り入れるとよいでしょう。

有酸素運動をする時間は30分程度で脂肪の燃焼が高まるので、最低30分はし、初心者か上級者かで、毎日するか一日置きかを選択するとよいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これから初めてみようと思う方は、まずは各日から初めてみてはいかがでしょうか。

まずは無理せず続ける事、ケガをしないことがとても大切です。

そのうちに運動するのが気持ちいい、ちょっとした疲労感が清々しいと感じたり、

体重が少し落ちたりと効果が伴ってくれば運動することが楽しみになってくるはずです!

そうなればしめたもの!

まずはゆっくりと無理なくゆっくり始めてみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です