六義園の紅葉の見ごろ時期はいつ?ライトアップ時間は?アクセスは?

スポンサードリンク

東京都文京区にある六義園。

国の特別名勝にも指定されており観光スポットしても人気です。

秋になると美しい紅葉スポットとしても有名です。

今回はそんな六義園の紅葉の見ごろ時期や、ライトアップ情報、

アクセスや駐車場についてまとめてみましたので御覧ください。

スポンサードリンク

六義園の紅葉の見頃時期はいつ?

六義園へ紅葉を楽しむために行くには、せっかくならば、紅葉の見ごろとなる時期に訪れたいですよね。

しかし、いつ頃見ごろとなるのかいまいち分からない、という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、六義園の紅葉の見ごろ時期について、紹介していきたいと思います。

六義園の紅葉の見ごろ時期ですが、その年の気候にもよりますが、平均して毎年11月下旬から12月上旬までとなっているようです。

12月上旬と言っても、12月10日ころを過ぎると、だんだん紅葉も落ち始めてピークも終わってしまうので、それより前に訪れた方が良いでしょう。

一面に色づく紅葉を楽しみたいという方は、11月下旬に訪れれば楽しむことが出来ます。

逆に落ち葉が落ち始めて、まるでじゅうたんのようになっている、なんていう紅葉の楽しみ方をしてみたい、という人は12月に入ってから訪れてみてください。

いずれにしても、11月下旬から12月上旬までが、紅葉の見ごろとなっているようです。

六義園の紅葉の見どころは?

東京都文京区にある六義園は、徳川第五代将軍の徳川綱吉の側用人、柳沢吉保が造園した大名庭園です。

歴史あるこの庭園は、国の特別名勝にも指定されており、一年を通して多くの観光客が訪れています。

そんな六義園ですが、特に秋の季節になると紅葉が素晴らしく色づき、私たちを楽しませてくれます。

そこで今回は、六義園の紅葉の見どころについて、紹介していきます。

まず最初の見どころは、六義園全体の紅葉の色です。

紅葉というと、赤や黄色、オレンジなどさまざまな色合いを思い浮かべますよね。

ここ六義園の紅葉の色は、全体的に赤が多くなっています。

赤が多いことで、昔ながらの日本庭園とよく合い、まるで江戸にタイムスリップしてしまったような、情緒あふれる空間を楽しむことが出来ます。

次の紅葉の見どころは、渡月橋です。

この渡月橋は、園内を時計回りに回ると、最後にやってくる観光スポットです。

池に一本大きくかかっており、その上に見事な紅葉がかかるように立っています。

池にかかる橋と紅葉という組み合わせは、まさに日本の風景と言っても良いのではないでしょうか。

次の紅葉の見どころは、つつじ茶屋です。

このつつじ茶屋は、つつじの古木材を使用して作られており、秋になるとその周りをぐるっと囲むように、色付いたモミジが私たちに顔を出してくれます。

つつじ茶屋から山陰橋までは紅葉の観光スポットで、つつじ茶屋から見える山陰橋の紅葉は、本当に美しいです。

六義園の紅葉のライトアップ時間は?

六義園では、もちろん昼間の紅葉を十分に楽しむことが出来ますが、夜に訪れてライトアップされた紅葉を楽しむ、というのもオススメです。

歴史ある日本庭園での紅葉のライトアップは、ぜひ一度は見てみたいですよね。

そこで今回は、六義園の紅葉のライトアップのみどころと日時について、紹介していきたいと思います。

まず、六義園の紅葉のライトアップの見どころですが、一つ目は中の島です。

庭園の中心にある中の島は、池の上に浮かんでいるようなこの庭園は、真っ赤に色付いた紅葉が水面に映り、まさに絶景と言えるのではないでしょうか。

紅葉の赤とライトアップの光が見事にマッチして、私たちの目を楽しませてくれます。

二つ目の紅葉の見どころは、水香江です。

水香江は六義園が開園した当初には、蓮池つまり蓮華を植えてある池としてありました。

現在は、水や蓮華の花はもうないのですが、ライトアップされる時には、その昔あった風景を青い光とミストで、再現してくれます。

他では見ることの出来ない青い光でのライトアップは、見事に色付いた紅葉とよく合い、本当に幻想的な風景です。

そんな六義園でのライトアップですが、毎年10月から12月にかけて、ライトアップを行なっています。

今年2017年は、11月18日(土)から12月6日(水)までの間となっています。

日没後から21:00までですので、余裕を持って楽しむことが出来ますね。

最終入園は20:30までなので、それまでには入園しておくよう、気をつけてください。

六義園へのアクセスと駐車場について

六義園は東京都の文京区にあるため、比較的アクセス方法は分かりやすいですが、それでも遠くからやってくる方で、よく分からないと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、六義園へのアクセス方法、車、電車、バスと駐車場について紹介していきます。

まず車でのアクセスですが、最寄駅の駒入駅からアクセスを考えた方が良さそうです。

六義園に駐車場はないため、周辺の駐車場に車を止めることになっています。

タイムズ文京グリーンコートは六義園正門に近く、114台収容のためオススメです。

料金は、15分100円となっています。

次に電車でのアクセス方法ですが、JR山手線か東京メトロ・南北線に乗り駒入駅まで行きます。

そこから徒歩7分で、六義園到着です。

または、都営地下鉄・三田線にのり千石駅で降ります。そこから徒歩10分で到着です。

次にバスでのアクセス方法ですが、文京区コミュニティバスBーぐる(千駄木・駒場ルート)に乗り、24番六義園入口で降りる方法が、一番分かりやすくてオススメです。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

歴史のある庭園と紅葉のコラボレーションは一度は目にしたいものです。

秋を感じながら見る庭園はとっても風情があっていいですよ。

この紅葉シーズンに是非一度は足を運んで見て下さい。

おすすめです!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です